不動産コンサルティングの住宅比較株式会社

スタッフブログ

日経新聞 私の履歴書 稲葉善治 を読んで(18)

2022.01.19

工場自動化

父の理想は「小さな巨人」 損益重視、単純作業はロボット

私の留学中、1度だけ父が訪ねてきた。1978年9月、世界3大工作機械見本市の1つ、シカゴ国際工作機械見本市(IMTS)が開かれ、その出張中にGMIのあるフリントへ立ち寄ったのだ。

前回アメリカの食料品の破格のサイズと安さを紹介したが、牛肉が好物の父が喜ぶだろうと1キロほどのステーキを食卓に出したところ、1人でペロリと平らげてしまった。当時53歳。ファナックの業績も、胃袋も絶好調だった。

ロボットの導入による生産ラインの自動化、省エネ化、稲葉氏はさまざまな対策考え、どういう企業にしたいかを自身の芯に持ち常に考え続けていると思いました。

ペイ、ライン、レシオ。常に損益分岐比率を把握し周囲を把握し、常に小さな巨人たれと社員に声をかけ、他人に依存せず、自身で利益を生める体質になることを学びました。

お客様に対しても幸せになって頂くことを芯に持ち、周囲からの意見を取り入れ、自分で考え提案いたします。

スタッフブログ

年別アーカイブ

土地探し・家づくりのご相談を
お待ちしております。