不動産コンサルティングの住宅比較株式会社

不動産コンサルティング

良い不動産とは、
お客様の中にある記憶にヒントがあります

いまこの瞬間にも、不動産の取引が頻繁に行われています。
日本全国で年間約147万件(令和2年度)の土地取引が行われています。


県別での取引状況としましては、1位は東京都で約19万件2位は弊社が主に活動している埼玉県で約7万件です(令和2年度)。しかし、東京都の土地取引件数は、令和1年度は約21万件でしたので1年で約10%ダウンとなっています。その背景として考えられることは、2001年 JR湘南新宿ライン開通、2005年 つくばエクスプレス開通、2015年 上野東京ライン開始、そして2020年 新型コロナウィルス感染症に伴う首都圏外郭への移住 と、「交通の充実」と「生活の安全」という観点から、埼玉県および千葉県、また北関東への居住需要と期待が年々増加している傾向にあります。

ただその中でも問題は、「良い不動産とは何か」を知らないで、あなたが土地や建物を急いで買おうとしていることです。

何の準備もせずに、裸で大寒波に挑んでいるかのようです。

住宅比較株式会社は、「良い不動産とは何か」を真剣に考え続けています。

住宅比較株式会社は、相談者の「未来」を読み解き、「今」を創る。

「未来を読み解く」 これが成功のポイントです

その購入は失敗か成功か、比較しないとわかりません。

気付かなければよいこと。知らなければよいこと。 そうであるかもしれません。
しかし、住宅比較株式会社は、とてもお節介です。

住宅比較株式会社は、「あなたにとって、この土地建物は最高ですか?」と問いかけています。

「誰かが良いと言った不動産が、あなたにとって良い不動産とは限らない」

住宅比較株式会社は、お客様と約束します。

「あなたにとって、もしくはあなたの大切な人にとって、とても良い不動産を見つけます。」と。

それが、住宅比較株式会社の不動産コンサルティングとしての存在価値なのですから。

解決策は、潜在意識に潜んでいます

世の中の情報に流されるのを食い止めるのも住宅比較株式会社のしごと。

あなたの頭の中の膨大な「経験」と「記憶」を整理し、そしてそれを「解釈」しなければなりません。

そう、膨大なデータを正しい解釈で再整理すること。

住宅比較株式会社は、その作業がとても得意な会社です。

未来の安心を、気付かないうちに実現します

30歳の自分
40歳の自分
50歳の自分
60歳の自分 頑張ってきました。お疲れさまでした。ここからまた新たなステージへ!
70歳の自分
80歳の自分・・・etc

未来の自分、クリアな未来がなければ、クリアなアクションにはつながりません。

未来の自分から、今の自分へ。その気付きが、「あなたにとって」を実現します。

住宅比較株式会社独自の方法で、そのお手伝いを、これまでも、そしてこれからも。

住宅比較株式会社は、深く深く、「あなたにとって良い不動産とは何か」を真剣に考え続けていきます。

土地探し・家づくりのご相談を
お待ちしております。