不動産コンサルティングの住宅比較株式会社

スタッフブログ

宅建勉強記録

2021.08.10

令和3年8月9日(月)7時〜8時、19時〜23時

住宅比較の吉田です。

⚠︎間違えた問題です。

・宅建業者が建物の貸借の媒介を行う場合、当該建物が既存の建物であるときは、既存住宅に係る住宅の品質確保の促進等に関する法律第6条第3項に規定する建設住宅性能評価書の保存の状況について説明しなければならない。

正解は、×(誤り)です。

建物貸借の媒介の場合、当該事項の説明は不要です。

本問は、書類関係の保存の状況についての重要事項説明。

既存の住宅の場合、宅建業者はある一定の書類(建築確認申請書、確認済証、検査済証、建物状況調査結果報告書等)について、その書類の保存の状況について説明しなければなりません。

この保存の状況は、当該書類が有るか無いかについて説明すれば足ります。

それぞれの書類の内容まで説明する必要はありません。

スタッフブログ

年別アーカイブ

土地探し・家づくりのご相談を
お待ちしております。