blog

売地調査 分譲地

投稿日 2018年2月27日

住宅比較の後藤です。

分譲地の調査をしてきました。
造成中でまだ道路も入っていません。

区間整理地もそうですが

まだ家も建っておらず土地の形もできていません。

造成中の物件は道路すら出来ていません。

図面を見てもお客様は想像出来なく不安になってしまいます。

しかし、完成してからでは遅いのです。

価格が上がっていたり、物件自体なくなってしまっていたりします。

どの様に価値を想像してもらうか。

どの様に良い、悪いの判断をしてもらうか。

それが私達の仕事です。

同じ様な分譲地、住宅街を丁寧に見て回り、想像してもらいます。

是非、ご相談下さい。

後藤

住宅比較オープンコンペ

投稿日 2018年2月24日

住宅比較の後藤です。
先日、日頃お取引きさせて頂いているハウスメーカー様、工務店様、CAD会社様、広告代理店様等、様々な異業種の方々にご参加頂き住宅比較オープンコンペを開催致しました。
中にはプロのレーシングドライバーの方にも参加頂き、パーティーでは普段聞けない珍しい話が聞けて賑やかなコンペでした。

 

改めて様々な方達のおかげで仕事が出来ている事を感じると共に、これだけの方達と一緒に仕事をすれば不可能な事は無いと心強く感じました。

同業種、異業種問わず一緒にお客様の為になる仕事を一所懸命にしてお客様共々笑顔で喜んで頂ける様に努力し続けます。

後藤

土地近隣調査 さいたま市 夜編

投稿日 2018年2月18日

住宅比較の後藤です。

土地提案前に必ずやる事。

夜の確認です。

周辺は?

駅までのルートは?

学校までのルートは?

 

なぜ、確認するのか?

自分の土地を探す時に気になったから。

土地の確認で必ずやる事は自分の土地、親族の土地だと思って調査する事!

絶対に欠かせない事です。

よし!ここなら提案出来る!

 

後藤
(さらに…)

土地近隣調査 さいたま市

投稿日 2018年2月13日

住宅比較の後藤です。

前回は新百合ヶ丘のポストインで近隣周辺を回りました。

今回は買付を頂いた土地の周辺調査で近隣を回りました。

小学校までのルートは安全か?
近隣にお寺があるがお墓はどの位置か?
近隣の住環境は?
ゴミ置場は?
道路の交通量は?
浸水は?
夜は安全か?
等々
調査しました。

    

 

すごく良い物件でした。

近隣の方にも声をかけて聴き込みをしましたが
とても品がある親切な方に話しが聞け、浸水も無く静かで買物も便利と色々聴けました。
ありがとうございました。

また、その方が土地を探している様なので、お手伝い出来る様に次回訪問します。

買付を頂いたお客様にも良い報告が出来そうです。

後藤

ポストイン 新百合ヶ丘 1

投稿日 2018年2月7日

住宅比較の後藤です。

弊社が売却を受けている新百合ヶ丘周辺を浦和店全員でポストインしました。

新百合ケ丘は高級住宅街で1つの区画が大きく、綺麗に配置された街区です。

 

 

 

 

 

 

 

なんて美しい街並み!

美しい住宅を写せないのが残念です。

 

そして今回お預かりしている物件!

角地です。

広さも約57坪!

スーパーも徒歩約5分!

焼きたてパンが美味しいです。

高級住宅街!

早い者勝ちです。

次回に続く。

 

後藤

 

土地探し-予算のギャップ2

投稿日 2018年2月3日

住宅比較の後藤です。

希望の条件の土地と予算にギャップがあり
予算を上げられないかの提案をする時に気を付ける事。

予算でギャップを埋める為には予算を上げなくてはいけません。

自己資金を増やす。

年収から計算して借入を上限まで増やす。

しかし、どちらも売手の提案であり、予算が増やせるか否かはご家族しかわかりません。

ご家族の都合があるかもしれません。

 

全てはご家族の都合が優先であり、本音の話しをして頂けるかが大事なのです。

自分の親族だと思って真剣に話しを聴き、月々いくらまで支払いが可能か?住宅ローンだけではなく月々の光熱費、メンテナンスコスト…

お客様の家族を大切に出来るか。

自分の親族だと思って一生応援出来るかを大事にして提案していきます。

後藤

土地探し-予算のギャップ1

投稿日 2018年2月1日

住宅比較の後藤です。

土地探しでお客様の希望を聴かせて頂くと予算のギャップが必ず発生します。
予算を上げる事が出来れば希望の物件は探しやすくなります。

しかし、そうはいかないのが土地探しの難しいところ。
どの様にギャップをうめるか?

お客様の話しを聴く、本音を伺わせて
頂く。

そして現状把握。

現状と希望のギャップを把握。

一歩ずつ理解しながら前進する。

ギャップを受け止めたらもう一度条件の
再検討です。

1.予算
2.エリア
3.広さ等々

大切なことはお客様の話を聴く事だと思います。

次回は再ヒヤリングです。

後藤