blog

宅建勉強会 合格者の声①

投稿日 2017年11月30日

営業の戸ヶ崎です。

弊社ホームページ 知識を学びたい(セミナー情報)で宅建勉強会についてご紹介させて頂いております。

そこで、弊社宅建勉強会に参加されて合格した方の「合格者の声」を

掲載させて頂きます。

平成27年度の宅建勉強会参加の方々へ、宅建試験の40日前に頂いた応援メッセージです。

I様(某大手住宅メーカー 展示場店長)

私は、平成20年に宅建合格をしました。私が合格できたのは、過去問題を数多く解いたことで得た試験問題慣れと、最後の一ヶ月の追い込みの勉強だったと思います。

入社から5年間、毎年勉強しない状態で試験をとりあえず受けるという年月が続いておりました。ご縁があり、住宅比較株式会社様と出会い、一期生として宅建講習を受ける形になりました。お付き合いという気持ちからスタートしておりましたので、4月から2ヶ月間くらいは真剣に通っていたのですが、業務の忙しさからだんだんと行かない日が増えてしまい、7月8月はほとんど勉強しない状態になってしまっていました。そんな日常が過ぎている中、8月末に会社の宅建模試を受けて25点という点数を見た時に、2ヶ月の勉強が身になっていた実感と今年受からなければもったいないという感情が浮かび(授業料も払っていたので・・・)9月に奮起し、再度勉強を始めました。

住宅比較株式会社様での勉強会の成果もあり、問題への抵抗や問題の意味が分からないという事は一切無くなっておりましたので、1ヶ月間は過去問題をひたすら一日2時間程度解きました。参考書は一冊しか持っていなかったので分からない点に対して参考書を見て復習する流れでとにかく過去問題で傾向をつかみ、復習を重ねるという一ヶ月間でした。

業界の方が受験される場合、知識と傾向さえ頭に入れば、合格は必ずできると思います。どうしても問題への慣れが足りていない状態ですと試験時間ギリギリまで時間がかかる事も出てきてしまうかと思いますが、問題に慣れると時間が凄く余るイメージがあります。私の場合は、とにかく過去問題で問題に慣れたことと、一ヶ月間の過去問題⇒復習⇒参考書⇒過去問題⇒復習⇒参考書のサイクルで勉強したことで合格出来ました。

最後になりますが、私は住宅比較株式会社様と出会い、宅建に真剣に向き合う機会を頂き、そこからチャンスをモノにしました。勉強会に参加されるという事は、合格したいという思いがあると思います。いずれ取る必要があるのであれば、まだ間に合います。この一ヶ月だけ頑張ってすっきり出来れば解放されると思います。ぜひこの一ヶ月の追い込み頑張ってください。皆様の合格を心よりお祈り申し上げます。

以上になります。

ぜひとも来年度宅建試験合格に向けて、受講生募集です!!

お問合せは、戸ヶ崎まで。info@juutakuhikaku.com

ハウスメーカー営業担当の人たちに感動。

投稿日 2017年11月28日

住宅比較の後藤です。

現在の住まいの不満点は陽当たり。

陽当たりが悪いというのが住み替えの大きな理由の一つ。

だからお客様はとても真剣で慎重です。

ハウスメーカーM社様より依頼を頂き、一緒に土地提案をさせて頂きました。

お客様の気持ちを真剣に受け止め、真剣に提案する担当の人達の姿をみて私は感動しました。

何に感動したか?

お客様に理解してもらう為、一所懸命にお客様に説明している姿に感動した。

日照シミュレーションを本当に真剣に説明してました。

一年中の庭、部屋の中の日照シミュレーション

この人たちは必ず希望の家を作ってくるれる!

 

お客様を一生応援してくれる人の姿を見ました。

 

後藤

今日学んだこと

投稿日 2017年11月27日

営業の吉田です!

今日学んだことは、雑談の大切さです。

売りませんか?買いませんか?

ではなく何気ない会話の中に大切な事があるのだとおもいます。

話のネタを準備しておくこと。

とにかく準備が大切かなと思います。

今日学んだ事

投稿日 2017年11月26日

営業の吉田です(^-^)

今日学んだ事は『もう、来なくていいよ』

からどうするか。です。

答えは、春日部のまんじゅう持って次の日訪問する。

だそうです。

怒られるかもしれませんし、

昨日はごめんねって機嫌をなおしてくれるかもしれません。

とにかく訪問を続けて、お客様の本音に耳を傾けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

モダン クラッシック

投稿日 2017年11月26日

住宅比較の後藤です。
ハウスメーカーの商談で地下駐車場に車を停めました。

フィアット500が泊まってました。
ルパン三世の愛車!

小さい。
スゴく小さい。
乗ってみたい。

少しワクワクして写真とりました。
そして画像を加工しました。

駐車場のコンクリート、ブロックと相まって

”モダン クラッシック”

 

個人の感じ方は色々です。

価値観は本当に難しいです。

これから31Fで商談です。

お客様の価値観を沢山聴いてきます。

後藤

土地調査 電柱が邪魔

投稿日 2017年11月24日

住宅比較の後藤です。

土地にプランを提案する時

電柱が邪魔……

電柱の支線が邪魔……

 

電柱が移設出来ないか?

お客様には敷地内電柱が邪魔なのです。

駐車場の入口に邪魔

鳥の糞が心配

本当に悩んでいます。

 

東京電力、NTTと交渉しよう

過去に移設をしてもらった事はあります!

後藤

 

 

 

土地調査 陽当たり確認

投稿日 2017年11月22日

7:00から陽当たり確認。
現地に着いてがっくり、曇っていて影の写真が撮れない。

実際は曇りの割にはあかるい。

でも伝わらなければ全く意味がありません。

待機していると9時くらいから太陽が出て来ました。

載せられませんが、日影が分かりやすい写真を午前中で撮れました。

なんとか説明出来そうです。

調査中お客様が見に来てくれました。

明日、展示場で打合せします。

建物と合わせて価値観を共有した良い提案が出来そうです。

後藤

土地調査 陽当たり

投稿日 2017年11月22日

ほとんどの人が ”明るい家” ”明るい庭” が実現できる土地を探しています。

設計力があり、設計力を実現出来る建築技術があれば”明るい家”をつくることは実現できます。

そう考えるのは不動産屋、建築屋さんです。

お客様にはイメージできません。

お客様と提案側がどれだけ価値観を本気で共有できるかだと思います。

また、

重要な事は明るさの先に有る目的だと思っています。
何故明るくしたいか?
どの場所を明るくしたいか?
いつ明るくしたいか?
など
とにかくお客様の声に耳を傾け聴くこと。
本音を語ってもらうことが大事だと考えています。

今回のお客様は明るいリビングからウッドデッキにつながり、明るい庭でガーデニングを楽しみたい!がリクエストです。

良い候補地がありました!

昼過ぎからは希望どうり、後は朝から昼までどこに影ができるか?

そこを心配されています。

解決するにはどうすれば良いか?

 

明日朝7時から現場で調査します。

後藤

品種と産地には頼らない

投稿日 2017年11月19日

今朝の日経新聞

近年まではお米の産地と品種で消費者は選んでいたそうです。

最近は農家の名前がプランド化してきているそうです。

確かにスーパーへ買い物へ行っても特設コーナーは作物を育てた方の名前と写真、こだわりが書いてある案内を見かけますね。

消費者の視線が大きな枠として捉える傾向からこの人から買うへミクロへ移っているように感じました。

田中