不動産コンサルティングの住宅比較株式会社

いろんな比較

今がチャンス!グリーン住宅ポイント制度

国土交通省は2020年12月15日に住宅所得支援策として以下のように発表しました。

グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウィルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者に対して、「新たな日常」および「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する。

つまり、これから新たに住宅を取得する人に向けて、コロナに負けない家づくりのサポート、または在宅勤務や火事の負担を減らす商品の購入をサポートするポイントを付与します、というシステムです。
今回は新築住宅を購入する方に向けて、この制度を利用する上での意外な落とし穴をお伝えします。参考にしていただき、ポイントを有効活用したマイホーム購入にお役立て下さい。
なお既存住宅を購入する方、リフォームをする方、賃貸住宅を新築する方にもチャンスがありますので国土交通省のHPをご参照下さい。

新築住宅を購入する方は2パターンに分かれます。
1.注文住宅を購入する方
2.分譲住宅を購入する方
どちらも自身で住む用途で購入することが条件です。

ひとつめの落とし穴:もらえるポイントは100万円分?
\付与されるポイントは最大100万ポイント!/
・・・とPRされていますが、その条件を満たすのはなかなか難しいです。
まず、条件に応じた付与ポイントは以下のとおりです。
①認定長優良住宅、認定低炭素建築住宅、性能向上計画認定住宅、ZEHのいずれかに該当する
→40万ポイント
②断熱性能等級4かつ一次エネルギー消費等級4以上の性能を有する
→30万ポイント
さらにオプションの条件に該当するとポイントが加算されますが、なかなか該当する方は少ないと思われます。①をクリアしてなおかつオプション条件を満たさないと100万ポイントまでは到達しません。(都心部から郊外へ移住する方、子だくさんの方などは該当するかもしれないのでHPをチェックしてみて下さい!)
①の認定を受けるのは少々面倒で費用もお高め・・・
②はややこしい表現ですか、このエコ基準は20年前のものです。これから新築する家はほぼ満たすといって良いでしょう。したがって30万ポイントを確実にゲットする方が確実です。

ふたつ目の落とし穴:申請期限が意外とタイト
ポイントの申請は工事完了後でも前でも良いのですが、今から家の購入を考えている状態の方は工事完了前に申請することをお勧めします。
グリーン住宅ポイント付与対象者は、2021年10月31日までに売買契約した人です。
これだけみると、10月31日までに契約すればポイントがもらえるんだ!と思いますよね。しかしこれが落とし穴。ポイントの申請期限も10月31日までなのです。そしてこの申請には必要書類がたくさんります。その一つが建築確認済証です。これは役所確認済の家の設計図みたいなものです。この手続きは今日やって明日完了、とはいかない期間を要するものなので、期限日に契約してもポイント申請に間に合いません。夏頃までには契約を済ませて建築確認済証を早めに取得し、期限に間に合うように申請しましょう。
工事完了前に申請した場合の期限についての落とし穴はもうひとつ。工事完了報告の期限です。これはポイント交換するものが追加工事の場合と商品の場合で異なります。追加工事と交換する場合の完了報告期限は2022年1月15日です。報告のための書類もすぐは出来ませんのでなかなかタイトです。しかしこれをクリアすれば、在宅ワークのスペース確保など、この時期ならではのアドバンテージをマイホームに追加できるのです。一方商品と交換する場合、完了報告の期限は2022年4月30日。追加工事に比べて少し猶予があります。交換できる商品は2月発表予定です。

三つ目の落とし穴:タダでは申請できない

ポイントの申請は購入者本人が出来ますが、追加工事と交換する場合は工事施工者や販売業者に代理で手続きしてもらわなければなりません。その際は代理に手数料がかかりますよね。省エネ等級4以上というのも、基準は厳しくありませんが新たに証明するためには結構なお金がかかるのです。
この点を踏まえておかないと、ポイントをもらうためにそれ以上に出費がかさんだ・・・なんてことになりかねませんので気をつけましょう。

注意すべきことはありますが、国は今、マイホームを購入する方を応援しているのです。せっかくならその応援を活用してお得に災害やウィルスに負けないランクアップした家を手に入れましょう!

住宅比較株式会社では、今すぐにでも建築可能な土地をご案内可能です。
ぜひおすすめ物件情報をご覧下さい。

カテゴリ

年別アーカイブ

土地探し・家づくりのご相談を
お待ちしております。