study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

9月6日穴埋め

平成19年問25

1.農地等を相続で取得した場合、3条の許可は不要ですが、農地を自己の住宅用地として転用する場合などの時は、(1)条の許可を受けなくてはいけません。

2.住宅を建設する目的で市街化区域内の農地の所有権を取得するに当たって、あらかじめ(2)に届け出た場合には、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

3.住宅を建設する目的で(3)の農地の所有権を取得するに当たって、あらかじめ農業委員会に届け出た場合には、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

4.農地が(4)している場合であっても、農地には変わりがありませんから、転用する場合は、4条の許可を受けなくてはいけません。

問題作成者
吉田真樹

解答
(1)4(2)農業委員会(3)市街化区域(4)荒廃
解答者
住宅比較株式会社
竹内智哉

講師コメント(田中)
本試験まで45日。
記憶の定着は反復継続です。範囲が広い分野はスピードをもって
取り組むことで回数で記憶の定着が図れます。