study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

6月4日穴埋め問題

平成28年問17 開発許可


1.開発許可を受けた者は、開発行為に関する工事を廃止するときは、都道府県知事の(1)をしなければならない。

2.あくまでも、開発許可の許可権者は(2)です。
ですから、二以上の都府県にまたがる開発行為であれば、それぞれの都府県知事に開発許可を申請することになります。

3.開発許可を受けた者から当該開発区域内の土地の所有権その他当該開発行為に関する工事を施行する権原を取得した者は、都道府県知事の(3)を受けて、当該開発許可を受けた者が有していた当該開発許可に基づく地位を承継することができる。

4.都道府県知事は、用途地域の定められていない土地の区域における開発行為について開発許可をする場合において必要があると認めるときは、当該開発区域内の土地について、建築物の敷地、(4)及び(5)に関する制限を定めることができる。

問題作成者
吉田 真樹

解答
(1)届出(2)都道府県知事(3)許可(4)構造(5)設備
解答者
住宅比較株式会社
竹内智哉