study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

10月6日穴埋め問題

平成29年問34

1. 宅地建物取引業者が、自ら売主として、宅地及び建物の売買の契約を締結するに際し、手付金について、当初提示した金額を(1)することにより、買主に対し売買契約の締結を誘引し、その契約を締結させることは、法に違反しない。

2. 宅地建物取引業者が、アンケート調査をすることを装って電話をし、その目的がマンションの売買の勧誘であることを(2)に勧誘をする行為は、法に違反する。

3. 宅地建物取引業者が、宅地及び建物の売買の媒介を行うに際し、(3)について、買主の要望を受けて分割受領に応じることにより、契約の締結を誘引する行為は、法に違反する。

4. 宅地建物取引業者が、手付金について信用の供与をすることにより、宅地及び建物の売買契約の締結を誘引する行為を行った場合、監督処分の対象となるほか、(3)の適用を受けることがある。

問題作成者
吉田真樹

講師コメント(田中)
業法はまんべんなく出題されます。よって、範囲は広いですが毎年同じ傾向の出題です。
業法を制する者が、宅建を制する!!