study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

10月5日穴埋め問題

平成29年問33

1. 重説は、買主に対してのみ(1)を交付して説明すれば足ります。

2. 宅地の売買の媒介を行う場合、代金に関する金銭の貸借のあっせんの内容及び当該あっせんに係る(2)が成立しないときの措置について、説明しなければならない。

3. (3)の貸借の媒介を行う場合、私道に関する負担について、説明する必要はない。

4. 天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めとは、民法で勉強したと思いますが、(4)のことです。
天災その他不可抗力で物件が壊れた、消滅したと言う場合、契約を白紙にしますか、それとも別な方法でしますかと言うものですが、これは売主と買主の間で交わす約束事です。約束事は契約書=37条書面に記載すべき事項だとなります。

講師コメント(田中)
試験まであと15日。
丸べきことをやり続けましょう!!