study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

10月4日穴埋め問題

平成29年問29

1.宅地建物取引士が都道府県知事から指示処分を受けた場合において、宅地建物取引業者(国土交通大臣免許)の責めに帰すべき理由があるときは、国土交通大臣は、当該宅地建物取引業者に対して(1)をすることができる。

2.カンニング等の不正で合格したのなら、その合格を取消す必要がありますが、記述は不正の手段により『(2)』を受けたとなっています。
となれば、登録をした都道府県知事はその登録の消除をすることになります(宅建業法68条の2第1項2号)。

3.国土交通大臣はすべての宅地建物取引業者に対して、都道府県知事は当該都道府県の区域内で宅地建物取引業を営む宅地建物取引業者に対して、宅地建物取引業の適正な運営を確保し、又は宅地建物取引業の健全な発達を図るため必要な(3)、(4)及び勧告をすることができる(宅建業法71条)と規定されていますが、
宅建士については、このような規定がないため、記述は誤りとなります。

4.宅建士の処分は、軽い方から指示処分<事務禁止処分<登録消除処分と3つありますが、一番重い(5)以外の処分は、登録地以外の知事もすることができます。

ですから、甲県知事の登録を受けている宅建士が、乙県知事から事務の禁止の処分を受けることは十分考えられますが、宅建士証の提出は、必ず登録を受けている都道府県知事となりますので、記述のケースの場合は、甲県知事に提出となります(宅建業法22条の2第7項)。

解答
(1)指示処分(2)登録(3)指導(4)助言(5)登録消除処分
解答者
住宅比較株式会社
竹内智哉

講師コメント(田中)
「眠くて勉強が。。。そんなときの必勝法!!」

毎週の用に眠い顔を見せてくれる、生徒さん。
眠くて大変です。と嘆く。

いつも言ううんです。

座って眠いなら、起立して立って勉強してみたら!

立ったまま寝落ちするくらいまで追い込んでる人、なかなかいないでしょう!

私は実践してましたから、皆さんもできるでしょう!!

立勉(りつべん)