study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

10月3日穴埋め問題

平成29年問28

1.宅地建物取引業者が、買主として、造成工事完了前の宅地の売買契約を締結しようとする場合、売主が当該造成工事に関し必要な都市計画法第29条第1項の許可を(1)であっても、当該売買契約を締結することができる。という記述は誤り。

2.宅地建物取引業者が、買主として、宅地建物取引業者との間で宅地の売買契約を締結した場合、法第(2)条の規定により交付すべき書面を交付しなくてよい。
という記述は誤り。

3.平成29年の法改正により、営業保証金から債権の弁済を受ける権利を有する者から、(3)は除外されました(宅建業法27条1項)。

4.宅地建物取引業者が、宅地の売却の依頼者と媒介契約を締結した場合、当該宅地の購入の申込みがあったときは、売却の(4)が宅地建物取引業者であっても、遅滞なく、その旨を当該依頼者に報告しなければならない。

解答
(1)申請中(2)35(3)宅建業者(4)依頼者
解答者
住宅比較株式会社
竹内智哉

講師コメント(田中)

「隙間時間を使え!!」

日数が減ってくると焦りが出て、もっと勉強しなきゃ!という思いが強く出て、なかなか
頭に入っていかないケースが見受けられます。

そんな時、隙間時間を狙って、宅建CDを聞き流すことも、意外といいですよ!