study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

10月16日穴埋め問題

平成29年問44

1. 免許は一身専属のものですから、(1)をB社が引き継ぐと言うようなことはございません。

2. (2)と個人は別人格だとお考えください。
ですから、一身専属である個人の免許は、法人に引き継がれると言うようなことはございません。

3. 宅建業者が死亡した場合は、その事実を知つた日から(3)日以内に相続人が免許権者へ届出なければなりませんが、免許の効力自体は、宅建業者の死亡時に効力を失います(宅建業法11条1項,2項)。

4. 宅地建物取引業者F社(乙県知事免許)が株主総会の決議により解散することとなった場合、その清算人は、当該(4)の日から30日以内に、その旨を乙県知事に届け出なければならない。

解答
(1)免許(2)法人(3)30(4)解散
解答者
住宅比較株式会社
竹内智哉