study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

牛が宅建士になるまで→ 【事後届出制】

問題を解く、単語を調べる

事後届出制
一定面積以上の土地において、土地売買などの契約をした場合には、その土地の利用目的や対価を、都道府県知事に届けなければならないという制度。

届出は、契約によって土地に関する権利を取得する者または権利の設定を受けることとなる者(権利取得者)が行う。


正誤問題

1.宅地建物取引業者Aが、自己の所有する市街化区域内の2,000㎡の土地を、個人B、個人Cに1,000㎡ずつに分割して売却した場合、B、Cは事後届出を行わなければならない。

2.個人Dが所有する市街化区域内の3,000㎡の土地を、個人Eが相続により取得した場合、Eは事後届出を行わなければならない。

3.宅地建物取引業者Fが所有する市街化調整区域内の6,000㎡の一団の土地を、宅地建物取引業者Gが一定の計画に従って、3,000㎡ずつに分割して購入した場合、Gは事後届出を行わなければならない。

4.甲市が所有する市街化調整区域内の12,000㎡の土地を、宅地建物取引業者Hが購入した場合、Hは事後届出を行わなければならない。

解答
1.×
2.×
3.○
4.×

住宅比較株式会社
竹内智哉