study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

牛が宅建士になるまで       【都市計画区域】

今は只ひたすらに問題を解く、単語を調べる

1.都市計画区域

簡単にまとめるのであれば「住み心地のいい街を計画的に作る」といったことです。
住み心地のいい街は誰のために作るのかと言えば、当然、我々「国民=人」の
ために作ります。
ですから、人がほとんど住んでいない山奥や離島などで行っても意味がない
ということになるのです。
ですから、都市計画はある程度、人口が密集している区域を選んで、
行うことになるのです。
この、区域のことを「都市計画区域」と言っています。
そして、都市計画区域の指定は、原則、都道府県が行います。
例外的に、都市計画区域が2つ以上の都府県にまたがるような場合は、
国土交通大臣が指定します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


正誤問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区とされている。

2.特定街区については、都市計画に、建築物の容積率並びに建築物の高さの最高限度及び壁面の位置の制限を定めるものとされている。

3.準住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域とされている。

4.特別用途地区は、用途地域が定められていない土地の区域(市街化調整区域を除く。)内において、その良好な環境の形成又は保持のため当該地域の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物等の用途の概要を定める地区とされている。


解答
1.〇
2.〇
3.〇
4.✖
都市計画法9条14号
特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地区とする。

住宅比較株式会社
竹内智哉