study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

牛が宅建士になるまで→  【開発許可】

牛の一言
開発の場合の面積要件と売買の面積要件を一緒にしないようにしましょう。


開発許可が必要な面積要件

各地域の面積要件(この表は絶対暗記です!)

① 市街化区域 ⇒ 1,000㎡以上
② 市街化調整区域 ⇒ 面積に関係なくすべて必要
③ 非線引区域 ⇒ 3,000㎡以上
④ 準都市計画区域 ⇒ 3,000㎡以上
⑤ 都市計画地域外 ⇒ 1ha以上

なお、2つ以上の地域に、またがるような場合は、合計の面積が
3,000㎡もしくは1ha以上になれば、許可が必要となります。

例えば、市街化区域900㎡、非線引区域2,000㎡、合計2,900㎡は、
3,000㎡に達していないため、許可不要です。

市街化区域900㎡、非線引区域2,100㎡、合計3,000㎡は、
3,000㎡に達しているため、許可必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正誤問題

1.開発許可を受けた者は、開発行為に関する工事を廃止するときは、都道府県知事の許可を受けなければならない。

2.二以上の都府県にまたがる開発行為は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。

3.開発許可を受けた者から当該開発区域内の土地の所有権を取得した者は、都道府県知事の承認を受けることなく、当該開発許可を受けた者が有していた当該開発許可に基づく地位を承継することができる。

4.都道府県知事は、用途地域の定められていない土地の区域における開発行為について開発許可をする場合において必要があると認めるときは、当該開発区域内の土地について、建築物の敷地、構造及び設備に関する制限を定めることができる。


解答
1、✖

2、✖

3、✖

4、〇



住宅比較株式会社
竹内智哉