study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

牛が宅建士になるまで→  【開発】

牛の一言
開発が必要なベース、例外を把握しましょう。


開発許可が不要な例外

① 全ての地域で、規模に関係なく、開発許可が不要の場合

・駅舎その他の鉄道の施設、図書館、公民館、変電所その他公益上必要な建築物
・非常災害のため必要な応急措置として行う開発行為
・都市計画事業の施行として行う開発行為
・土地区画整理事業の施行として行う開発行為
・市街地再開発事業の施行として行う開発行為
・住宅街区整備事業の施行として行う開発行為
・防災街区整備事業の施行として行う開発行為
・公有水面埋立法による開発行為

全部を覚える必要はありませんが、上の2つは確実に覚えてください。
また、公益上必要な建築物として、よく出題されるのは、学校です。
許可不要は、小,中,高の学校のみで、大学や専修学校は含みません。
医療施設、学校、医療施設、社会福祉施設は、法改正により開発許可が必要になっています。



② 市街化区域以外の区域において、規模に関係なく、開発許可が不要の場合

*市街化区域では、面積要件に該当すれば、開発許可が必要です。

・農業、林業若しくは漁業の用に供する建築物
畜舎、蚕室、温室、堆肥舎、サイロなどです。

・農業、林業若しくは漁業を営む者の居住の用の建築物

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正誤問題

1.準都市計画区域において、店舗の建築を目的とした4,000㎡の土地の区画形質の変更を行おうとする者は、あらかじめ、都道府県知事の許可を受けなければならない。

2.市街化区域において、農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築を目的とした1,500㎡の土地の区画形質の変更を行おうとする者は、都道府県知事の許可を受けなくてよい。

3.市街化調整区域において、野球場の建設を目的とした8,000㎡の土地の区画形質の変更を行おうとする者は、あらかじめ、都道府県知事の許可を受けなければならない。

4.市街化調整区域において、医療法に規定する病院の建築を目的とした1,000㎡の土地の区画形質の変更を行おうとする者は、都道府県知事の許可を受けなくてよい。


解答
1、〇

2、✖

3、✖

4、✖



住宅比較株式会社
竹内智哉