study

宅建勉強会

宅地建物取引士の資格を取りたいがどうしたら良い?
勉強法は?

毎日一問一答! 穴埋め問題

牛が宅建士になるまで→  【媒介契約】

牛の一言
売買代金の金額を述べるときは根拠を示さなければばりません。
経験から・・・違反です。


宅建業者が物件の価額を述べるとき

宅建業者が媒介契約を結ぶ際、その物件をいくらで売るのかを
決めなくてはいけません。
その際、依頼者に対して、価格又は評価額をについて、
意見を述べる場合は、取引事例など根拠を示めさなければならいことに
なっています。
宅建業取引のプロなのですから、当たり前の話です。
なお、根拠は、依頼者が求めなくても、必ず宅建業者が価格を言う場合は、
根拠を示して述べないと宅建業法違反となります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


正誤問題

宅地建物取引業者Aが、BからB所有の既存のマンションの売却に係る媒介を依頼され、Bと専任媒介契約(専属専任媒介契約ではないものとする。)を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

ア. Aは、専任媒介契約の締結の日から7日以内に所定の事項を指定流通機構に登録しなければならないが、その期間の計算については、休業日数を算入しなければならない。

イ. AがBとの間で有効期間を6月とする専任媒介契約を締結した場合、その媒介契約は無効となる。

ウ. Bが宅地建物取引業者である場合、Aは、当該専任媒介契約に係る業務の処理状況の報告をする必要はない。

エ. AがBに対して建物状況調査を実施する者のあっせんを行う場合、建物状況調査を実施する者は建築士法第2条第1項に規定する建築士であって国土交通大臣が定める講習を修了した者でなければならない。


解答
ア、✖
専任媒介契約ですから、指定流通機構への登録が義務付けられています。
登録する期間は、記述の通り、契約の締結の日から7日以内となっていますが、休業日数は算入しませんので、記述は誤りとなります。

イ、✖
一般媒介契約以外の媒介契約の有効期限は、最長3ヶ月です。
記述のように、3ヶ月を超える期間の契約を交わしても、無効とはならずに、期限が3ヶ月の契約となります。

ウ、〇


エ、✖
専任媒介契約は、業務の処理状況を2週間に1回以上の頻度で報告する義務が課せられています。


住宅比較株式会社
竹内智哉