sales_specialist

スペシャリスト達の軌跡

トップセールスだけがたどり着いた結論。
そのSTORY。

interview

営業の王道を歩んでいく

profile

「トガトン」こと、営業の戸ヶ崎です!!

お客様は営業さんを選べない? 

絶対失敗したくない住宅購入について、頼れる営業マンにお願いするのは誰しもが望む所だと思います。
そこで、トガトンも営業を約15年以上続けていますので、今まで出会ってきた素晴らしい営業さんをご紹介するページを作りました。

トガトンの営業マン紹介 第4回目は 積水ハウス株式会社 春日部展示場 小林さん。

とても笑顔の素敵なイケメン営業さん。

営業歴7年目。鉄骨住宅5年、木造住宅2年の経験があり、鉄骨木造の両方を知っています。

永遠のテーマ「鉄骨と木造」。どっちが本当は良いのか?

住宅業界って、「担当している住宅商品しか提案出来ない」なんてことが実は沢山あるのですが、

ぜひとも小林さんに聞いてもらえればと思っています。


トガトンは小林さんとお付き合いし始めて早4年。見た目は爽やか、とてもフレッシュ。でもとても勉強家。

トガトン:小林さん、住宅営業していて何か感じるところはありますか?

小林さん:家造りって、家を建てることだと思っていたんです。でも年次を重ねてみて、全然違うことに気付きました。

トガトン:それは何ですか?

小林さん:お客様の潜在的な想いというか考えみたいなものを引き出して差し上げられるかどうか、だと思うんです。
     「気付き」というものだと思います。

トガトン:色んな話が聴ける ということでしょうか?

小林さん:そうだと思います。若い頃は知識も経験もなくて、「提案の引き出し」も少なかったんです。
     「気付かなくていいこと」に助けられたというか、なんというか。。。
     いまは、「お客様が想っている以上のことを返してあげたい」と思っています。

トガトン:なるほど!「気付きの気付き」というか、「知らないことを知っている世界」というか。

小林さん:う~ん、難しくなっってきましたね(笑)
     お客様に楽しく家造りをして欲しいと心から思えるので、たくさん勉強しないといけないと考えています。
     つまり、お客様に「期待を超える知識(考え方)などを、毎回持って帰って頂きたい」と思っているんです。

トガトン:すごいですね!売り込まない営業さんですね!

小林さん:売り込みはやりたくないと思っています。お客様に「選んでいただく」ことが重要だと思っています。
     そのために、「質問されたらその場で答える」という努力はし続けないといけないと思っています。

トガトン:すごいですね!いいですね!

小林さん:家造りの困りごとを解決できる営業になりたい と思っています。まだまだですが・・・。

トガトン:でも、「知らないから決められないし、困りごとに気付いていない」お客様も多いですよね。

小林さん:たくさんお話しして、その「気付き」を共有し、問題をお客様と一緒に解決していきたい。
    「楽しかった!」と毎回思って頂きたいです。


とても爽やかで笑顔が素敵な小林さんと、「初めての家造り」のこと、たくさん聞いてみたらいかがでしょうか?