comparison

何が比較できるの

完成してからでは見えない断熱材や
水道配管から住宅ローンのことまで

比較検討

住宅取得等資金の贈与③ 相続時精算課税制度

相続時精算課税制度は、贈与者ごとに選択するもので、一度この制度を選択すると、撤回できません。また、暦年課税制度との選択適用のため、相続時精算課税制度を選択すると、非課税になる基礎控除額110万円の控除がりようできません。したがって、贈与時には、贈与時の価額で贈与された財産を加算するため、相続税の支払いが必要になる場合があります。このため、選択に当たっては、十分に検討が必要です。

3月29日 住宅比較株式会社 赤松 誠