sales_specialist

スペシャリスト達の軌跡

トップセールスだけがたどり着いた結論。
そのSTORY。

interview

スーパーセールスの軌跡第10話「ありがとうが自分を変えたpart2」(全30話)

profile

37ヶ月「注文住宅契約」連続達成という成果を出し、今なお現役の某住宅メーカー営業マンの奮闘の「軌跡」。

「注文住宅、連続契約37ヶ月・・・」。その言葉を聞いてビックリする人は少なくないでしょう。
5年くらい住宅営業を続けてきた人なら、そのすごさが分かるでしょう!!しかもこの営業マンは、「住宅展示場の営業マン」です。
・・・という事は、「ローコスト住宅や建築条件付住宅の販売員ではない」ということです!!
さあ、あなたも「スーパーセールスマン」の扉を開きましょう!!きっと「違う世界」がみれるはずです。
(この「スーパーセールスの軌跡」は、2008年9月より連載していた内容を再掲載しています)

前記では、“我”の病気について話をしました。
それを“ありがとう”という言葉が漢方薬のように少しずつ治してくれるとお話させていただきました。
早速、実行された方はいらっしゃいますか?
ほとんどの方はまだだと思います。
・・・というよりは、
「これをやってどうなる?」
と思っている方が大半ではないでしょうか?
もう一度言いますが、これは漢方薬であり、なかなか効き目が現れないのが特徴です。でも、一度効いてしまえばこんなにすごい効果は無いでしょう!私は、これを実行して少しずつ結果が出るようになってから気がついたことですが、
“ありがとう”や“はい解りました”を言い続けたから周りの環境が良くなってきたと思っていましたが、実はそうではなかったように思います。
「絶対に言うぞ!」
と思うことは素晴らしいことです。
ただ、間違ってしまいがちなことがあるのです。
あくまでも、“ありがとう”は無償の気持ちです。
“気前のよさ”とも前記で言いました。
皆さんが、気前良く“ありがとう”と言えているのであれば、必ず答えは良いほうに出ると思います。
それを心の片隅で、
「“ありがとう”を言っているからそろそろ良いことがあるかも…。」
と思っていると、当然言われている相手にも、
「こいつ、急に変なこと言ってきた!」
などと、かえって怪しまれる原因になったり、逆な思いに取られてしまう可能性も否定できないのではないでしょうか?
言え!と言われて言えば、変に思われる!
それじゃどうすれば良いのか?
…。結局言い続けるだけです。
上記のように、変に取られることも一つの気付きでしょう!
“ありがとう”は自分の持っている“壁”を取り払ってくれるものです。
相手の言ったことに対して“ありがとう”や“ハイ解りました”を言うには、タイミングや人の話をしっかり聞いていないと言えない事に気付くでしょう!
それは、一体どういう事なのか!
“壁”のある人は“聞き耳”も無いですから、人の話をほとんど聞いていません。
“ありがとう”を言うぞ!
と決意していただいたときから、徐々にではありますが、“聞き耳”を持てる人に変化してくるのです。
“ありがとうを言える人”=人の話を聞ける人=気前の良い人
上記で記した私の言いたい点は、たぶん、自分の話よりまずは人の話を聞こう!という思いのほうが大きかったのだと思います。
聞き耳をもてるようになった事が、良かったのでしょう!
是非、そのような心でまわりの方と接していただければと思います。

それから、これはよく他でもいわれることだと思いますが、“我”の病気の人が、少しづつ改善されるとある変化が生まれてきます。
漢方薬ですから、なかなか解りませんが…。
それは、“げ”の人への変化です。
簡単に言えば、今までは「俺が、俺が」と言っていた人が、
「誰々のお陰、お陰」
と言うようになるという事です。
前記では、「俺ががんばったから…。」といわれれば
「なんか鼻につく!」や「生意気」
と思ってしまう事を書かせていただきました!

“ありがとう”を気前よく言えるようになってくると、
“ありがとう”=感謝の心
に気づくようになります。
“ありがとう”が気前良く言えるようになってきた人は、いつの間にか
人に感謝する心に目覚めている事に気づくことでしょう!
そのような人は、以前なら「俺が…。」
だったはずが、今は
「この契約は、僕の成績にはなりましたが、Aさんのアドバイスのお陰で契約になりました!ありがとうございました」
と、言える人に変化しています。
そんなことを言われたAさんは気持ち良くないわけありません!
“間違えなく嬉しい”です。
きっと、こう言ってくれるはずです。
「そんなこと無いよ!お前の頑張りがあったからだよ!おめでとう!」
「また、一緒に頑張ろう!」と…。
そんなことを言われたら、嬉しいですよね!
私なら、先輩に言ってもらえたら涙が出るほど感激です!
でも、これは先輩に言ってもらったことであっても、自分が巻き起こした事だと気づきましたでしょうか?
要するに、周りが変わったのではないと言うことです。
自分の心が変わったことが、この結果を巻き起こしているのです。

以前にも記したように、人は、感謝されたい動物です。
“ありがとう”と言われたいのです。
それを言われたいのであれば、自分が気前良く人に対して感謝の心で向き合えるかどうかだと言うことです。
この章のタイトルでもある“ありがとう”が自分を変えたと言うとおり、気前良く人への感謝の気持ちを持って生きることは、最初は大変なことだと思っていました。しかし、自分がこの状況を巻き起こしたことにより、この劇的なまわりの変化!
こんなに素晴らしいものなのかと思ってしまうくらいです。

今の時代は、会社や家庭・親の責任に転嫁してしまうことが多い時代です。
それが、イジメ・暴力・しまいには殺人まで…。
上記のことを考えて生きてみると、どれもこれも自分が巻き起こしているのだという感覚になります。
うまくいかないのも…。
と他人に転嫁せず、この気持ちで生きていれば、うまくいくのも失敗するのも、自分!
失敗してもただそれだけ・・。
常に前を向いて生きていけるような気がします。
そうすれば、こんな嫌な世の中にもならないでしょう!
全て、自分が巻き起こすのだから、こんなに楽しいことも無い!

こんな気持ちをもっていれば“幸運の女神”も降りてくるはずです…。