blog

新しい住まいの可能性 エリアを探る

投稿日 2019年11月28日

新しい住まいの可能性      ー エリアを探るー

全てのお客様が最初に描いた条件のエリアで買えるかはわかりません。エリアを変えて住まいを計画する人も多くいらっしゃいます。

背景

土地の価格が上がっている。オリンピックを境に価格がさがるのではというお客様もいらっしゃいますが、多くの見方は二極化するという見解です。都心へのアクセスが良く、駅から徒歩圏の土地は人気が上がり、価格は下がらず選ばれ続けるとも言われています。

現状

今、探されているお客様も都心への通勤、駅まで徒歩圏を条件にされている方が多いのです。

土地、住宅に当てる総予算はどこまでも上げられる事はありません。ところが都心へのアクセス、駅までの時間は変わらないのです。

条件に合う土地はありません。で終わる事はできません。かと言って、無い条件で期待を持たせてお客様の貴重な時間を頂く事は良い選択とは言えません。

 

どうしますか?

「新しい住まいの可能性」ーエリアを探るー

最善の選択の一つです。

そしてエリアを探る為にはお客様の声をどれだけ聴いて、どれだけ取り込めるか?が重要になります。

職場までの時間、実家までの時間、駄目な路線、嫌な街並み、環境等を本音で出してもらいます。

ハザードマップも大切です。

ヒヤリングツールの一部

巻物

ヒヤリングシート

路線図

エリア図

お客様の声を聴く。

 

そして現状把握をして一緒にエリアを探り、候補地を共有する。

実際に見に行く!

実際に見に行き、気になるエリアを絞り込んでいきます。

 

浦和エリア→つくば、浦和美園、大泉学園

世田谷→杉並、中野

北鎌倉→つくば

他にもエリアを変えて頂く事は多くあり、新しいエリアを提案して喜んで頂く瞬間は逆にお客様から感動を頂きます。

 

予算が合わないお客様は増えて行きます。

お客様の声を聴き。

現状把握をタイムリーに。

エリアチェンジの引出しを増やす。

常に新しい情報を貪欲に探り、時間がある時に実際に見に行く。

これをやり続けます。

 

住宅比較株式会社

後藤  明義

お問合せ先→urawa@juutakuhikaku.com

 

« スタッフブログ 一覧へ戻る